百人一首物語その39「恋しき」

「ちょっと、小野、聞いてくれよ」
「なんだ? 金なら貸さねぇぞ」
「ちげぇよ。あのよ……やっぱ、いいわ」
「おい、ちょっ、どういう事だよ」
「だから、いいって。うるせーな」
「おいっ。お前が言い出したんだから、途中で止めるとか、勘弁しろよ。何だよ、教えろよ」
「いや、まぁいいか、そこまで言うなら、あのな?」
「なんか納得いかねぇけど、まぁいいわ。なんだよ」
「あの、ラ……ラ……」
「ラブレターか?」
「ちげぇよ! なんで、ラブ……いや、あってたわ。ラブレターだよ、どーして判ったんだ? お前エスパーか?」
「エスパーじゃねぇよ。エスパーだったら、占い師とかやるよ」
「あぁ、エスパーが占い師やったら大儲け出来そうだよな」
「んなもんバッチリだぜ。なんでも、当てちまうぜ」
「そうだよなー。小野が羨ましいよ」
「だから、俺はエスパーじゃねぇんだって。だからよ、お前みたいに顔真っ赤にして『ラ……ら……』って言ってたら、そりゃ、ラブレター以外ねぇじゃねぇか」
「ラッコかもしれねぇじゃねぇか」
「お前、ラッコの事考えただけで、顔が真っ赤になるほど感情が動くか?」
「ンなわけねぇだろ。人を変態扱いか?」
「お前が言い出したんじゃねぇか。で、何だ?ラブレターがどうしたんだ?」
「それよ。そのラブレター、誰に出すんだと思う?」
「そりゃ、お前の好きな人だろ?」
「小野ぉ、小野ぉ!すげぇ。お前エスパーか?」
「違うよ。そして、お前は馬鹿か?」
「馬鹿じゃねぇよ」
「どうだかな。で?ラブレターがどうしたんだよ?」
「それよりよ、俺が誰にラブレター書くか知りたくない?」
「いや。興味ない」
「そんな事言われてもなぁ、恥ずかしいから教えなーい」
「お前、思ったより、俺の言う事聞いてないんだな」
「まぁ、そういうなって。でさぁ、ラブレターなんだけどよ……全く、お前のせいで全然話が進まないじゃないか」
「……もういいよ、俺が悪かったよ。さ、気にせず、先に行ってくれ」
「おお。ありがとうよ。でな。ラブレターなんだけど、何書けばいい?」
「思いの丈だよ」
「オモイノタケ? それって食えるのか?」
「あー悪かった。俺が悪かった。あのな、いいから、今から本屋行ってな、『手紙の書き方』みたいな本買ってこい。そこにラブレターの書き方とか必ず載ってるから、それ、そのまま書き写せ」
「えー、面倒くさいなぁ」
「一番、簡単なやり方を教えたよ?これ以上簡単な方法は存在しないよ」
「そこを何とか」
「いいから、それくらいはやれ。でな、文例そのままじゃなくて、名前とかエピソードとかはちゃんと書き直すんだぞ」
「でもよ、それって盗作にならねぇか?」
「いやいや、変な事にだけ気が付くなぁ。大丈夫だよ。貰った女だって、『手紙の書き方』までチェックしてるヤツいねぇからよ」
「いや、でも検証スレとか、立ったらどうするよ」
「たたねぇから、とっとといけ」
「おう、判った。ありがとうよ」
次に日、元気のない男の姿があった。
「おい、どうした?」
「小野チャーン」
「ちゃん付けすんな気持ち悪い」
「あのよ、教えられた通りやったんだけど、その場で振られちゃったよ」
「ふうん。そりゃ、悪かったな」
「悪くないよ。書いたのは俺だからさ。で、今日も本屋行ってこようと思ってさ」
「ど、どうすんだよ、本屋行って」
「もっと値段の高い『手紙の書き方』買ってくる。昨日は、一番安いヤツに買ってきたのがいけなかったんだ」
「そ、そうか。がんばれよ」


「浅茅生の 小野の篠原 忍ぶれど あまりてなどか 人の恋しき」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。