百人一首物語その41 「恋すてふ」

「マズイよー西岡。どうしよう」
「何だよ、急に」
「いいから聞けよ、西岡」
「聞いてるよ」
「あのな西岡。落ち着いて聞いてくれよ?」
「いや、俺はずっと落ち着いてるから。早く話せ」
「ああ、それならいいんだけど。流石は西岡」
「いや、俺は褒めなくてもいいから。で?何だって?」
「そうだよ。聞いてくれよ、西岡。俺さ、信夫主任にお酒飲みに行こうて誘われちゃって、さ」
「あちゃー。お前、どうすんだよ」
「いやー、俺もたいがい断り続けてるし、今日は信夫主任マジらしくって、外堀を埋めてから誘われちゃったから、断りようがなくってさぁ、どうしよう、西岡ぁ」
「外堀って? ああ、予定を押さえられてから誘われたのか。主任らしくねぇ遣り口だな。まぁ、お前は独身だし、逃れようもねぇわなぁ」
「西岡ぁ、そんな他人事じゃ無くてよぉ。どうしりゃいいんだ?」
「そりゃあ、行くしかないだろうなぁ」
「いや、そりゃそうなんだけどよ。問題は、今のタイミングで一緒に飲みに行ったら、確実、あの話題になるじゃないか」
「なるだろうな。いつものさ、梅入り焼酎片手に言う訳だよ」
『俺に好きな人が出来たって、なんでみんな、噂してんだ?』
「絶対言うと思うんだよ。しかも真顔でさー。俺、ふいちゃわねぇかなぁ」
「吹くのはまずいな」
「マズイよ。どーしたらいい? 西岡。信夫主任の事だから、きっとまだ判ってないんだぜ。自分の顔が、好きな人と一緒の部屋に居るだけで、真っ赤になるって事」
「だろうな。そして、今の思い人が隣の課の浅見さんだって事も、誰も知ろうはずもないって思ってる」
「どうしたらいいと思う? 西岡?
『……うーん』


「恋すてふ 我が名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。