百人一首物語その62 「夜をこめ」

鶏が時を告げる。
まるで、夜が明けるとでも言わんばかりに。
夜が明けそうだと、人間を謀ろうとするように。
だが、ココは日本とは違うのだ。
喩え、本物であったとしても、逢坂の関は許さない。
ここ、南極基地では、夜はまだまだ明けない。
彼女と逢う事も叶わない。



「夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢阪の 関はゆるさじ」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。